不断水工法とは
2018年5月15日

不断水工法がもたらすメリットとは

水道管工事における不断水工法には、大きく分類すると水流を部分的に遮断する特殊な器具を設置する工法と水の流れを凍結して遮断する工法の2種類が存在します。

いずれも水道管の中の水を広範囲に遮断することになる断水を必要としないために、日常生活における断水の不便を強いることなく水道管工事を行うことができるために広く普及しています。上水道だけでなく下水道の配管工事も不断水工法が実施されており、一般的となっています。この工法が開発される以前は広範囲にわたって断水を周知する必要がありました。

昔は頻繁に「断水のお知らせ」という内容の記載された文章が回覧され、その日時までに水を汲み置いたり給水車に並んだりという光景も珍しいものではありませんでした。しかし水洗トイレの普及をはじめとする日常的な上水道利用水量の増大化にともなって、水道水の断水は深刻な影響を与えるとして避けることが望ましいとされるようになっています。現在においては大規模な断水を伴う水道管の分岐工事はほぼ見られなくなりました。

水道管に穴を開けて特殊な機械を用いて止水を行う方法は、ある程度のスペースや費用を想定する必要がありますが、工費の低廉化を目的とした新技術も開発され、比較的狭いスペースでの作業も可能となっているなど、施工業者の努力によってさらに進化しています。配管に孔を開けることなく工事を実施できる凍結工法もコスト面や工期などから選択されるケースも多く、現場の状況に合わせた不断水工法を選ぶことができるようになりました。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *