不断水工法とは
2018年5月12日

不断水工法で経済的な工事を実現

水と電気は日常生活において欠かすことのできないライフラインです。

災害の復旧においてもこの2つが最優先となることからも、ストップすることによる影響はきわめて大きいものと言えるでしょう。そのために水道水はなるべく断水を生じさせないで工事を実施することが求められています。水道管から分岐させて別の管路を設置する工事は日常的に行われるものですが、その際に周辺の地域や建物内を全て断水させることとなると、影響が大きくなりますので普段遂行法によって日常生活に影響を与えないように配慮することが必要でしょう。

近隣住宅への連絡やビルなどの大規模な建物であればフロア内のテナントへの連絡、営業に支障がある場合には費用弁償をすること、住宅地においては給水車の手配など、工事とは別のコストが大きくなることが想定されます。一般的には確実な不断水工法での工事を実施する方がコスト面においても周辺の影響においても有利であるものといえます。不断水工法には、水の流れをごく一部だけ留めることを目的とした特殊な機器を設置する方法や、凍結させることによって水の流れを遮断する方法などがあります。

いずれの場合においても、古いバルブを閉めることによって生じる赤サビで水道管内を汚すことが防げますので、工事実施後の清掃作業もカットできます。不断水工法の採用は様々なメリットがありますので、信頼できる業者へ相談して、適切に確実な工事を実施できるようにプランニングしていくことをお勧めいたします。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *