不断水工法とは
2018年4月24日

不断水工法のメリットとデメリットを知る

住宅の建築、リフォームなどの工事を行うときにはいろいろな準備が必要になります。

リフォームであれば近所などに事前に工事の内容や期間などを伝える必要があるでしょう。少なからず近所に協力をしてもらうことも多くなります。工事の時に必要になってくるのが水道関係の工事です。

配管など新たに設置したり取り換えたりするときには水道管に影響が出ます。以前であればその家だけでなく一定の区域を断水して行わないといけないときもありました。

現在は不断水工法と呼ばれる方法があり、そちらを利用すれば断水せずに水道関係の工事が進められます。工事が必要な部分に特定の部品を取付ければ、工事中の住宅のみ水道が遮断されるのみで近所は断水をしなくて済みます。

断水による水の汲み置きを依頼したりがなくなります。範囲が広くなれば事前に給水車などを用意しなくてはいけませんでした。不断水工法だと工期が短くなったり、コストが短縮するなどメリットが多いとされています。

では常に不断水工法が取られるかですが必ずしもそうではありません。この工法では水道管の分岐のための工事をしなければいけませんが、場所によってはそれが難しい時があります。配管のつなぎ目の間隔が短かったり曲がっているところでは行えない時があります。

場所によっては水道管自体が古いために不断水のための工事ができないところもあります。できれば不断水工法で行いたいですが、できないときもあることを知って工事をしてもらう必要があります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *