不断水工法とは
2018年4月12日

不断水工法を使用する際の注意

不断水工法は水の流れを止めずに水道の配管工事を行うことができる画期的な方法として現代では広く普及しています。

水道工事など広く水を供給しなければならない場面に於いて効果を発揮するものですが、最近ではその工事方法が比較的簡単なこともあり、一般の現場においても排水管や建物内の水道工事の方法としても一般的です。

そのため工具も広く販売されるようになり、最近ではDIYショップなどでも販売されるようになりました、そのため誰でも簡単に不断水工法を利用して効率的に水道工事が行えると考えられがちですが、安全に工事を行うためには注意点をしっかりと守り適切に作業を行うことが必要です。

これを怠ると水質に大きな影響を及ぼしてしまうだけでなく、最悪の場合には水道工事自身を失敗させてしまう原因となってしまいます。不断水工法においては、工具の使い方を十分に習得することが最も重要です。

水質汚染させないためには工具を十分に洗浄し所定の設置方法をしっかりと行うことが最も大切で、これが行われていないと水質汚染を招いたり既存の水道管や排水管を破損してしまうことになります。

さらに工具を破損させてしまうことにもなるため、使い方をきちんと習得することが重要です。また使用前に必ず工具の点検を行うことを心がけるようにします。

使い方は簡単でもその手順をしっかりと習得しないと工事を完了することが難しいため、不慣れな場合には事前に熟練者の指導を受けるなどして失敗がないように万全の準備を行うことが大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *