不断水工法とは
2018年4月6日

不断水工法とはどのようなものなのか

家庭や医療施設また飲食店や工場など、水はなくてはならないものです。

水が無い状態など、全く考えられません。しかし水を供給してくれる水道管は定期的に交換をすることが義務つけられています。過去工事のため、水を止めなくてはいけませんでした。

しかし断水をしなくても水を供給し続け、配管の工事をする方法として不断水工法というものがあるのです。不断水工法は水を止めることなく工事を行う方法です。

工事を行う際に周囲に断水のことを事前に知らせたり、水の汲み置きをしてもらったりして手間をかけたり、余計な時間を割く必要がありません。また水をずっと流したままの工事なので、管内に赤水が発生して利用者に迷惑をかける心配もありません。

また時間が短縮されるため、人件費が削減され、コストダウンにもつながるので使っている側だけはなく、工事をする側にとってもメリットになります。しかし不断水工法には反対に、デメリットなこともあります。

工事をしている最中に劇物や毒物などの異物が管内に発生あるいは混入してしまった場合、水は絶えず流れているので、利用者のもとに供給されてしまうことになります。これでは使っている人に迷惑がかってしまいます。

工事にあたる側に関していえば細心の注意をし、工事をしなくてはなりません。水はたくさんの企業や家庭で使われているので、水質が悪くならないように気をつけなくてはなりません。

不断水工法はメリットなところもたくさんありますがデメリットにつながるものも持ち合わせています。工事を行う際には熟練した企業に依頼をするなど、十分な配慮が必要です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です